美味しいグリーンスムージーのすすめ

若い女性を筆頭に、酵素でカラダの中から綺麗にするグリーンスムージーが流行っています。しかし、いくらカラダに良くても美味しくなければ続かないものです。

そこで、実際に作った中で美味しく飲みやすいおすすめの組み合わせや組み合わせのポイントを紹介したいと思います。

おすすめの組み合わせ

1.小松菜×バナナ×レモン×(リンゴ、キウイ、ブルーベリー、イチゴなど)

最高の美味です。私は水で作っていますが、豆乳で作ると更に美味しさがアップします。グリーンスムージーにはグリーンの野菜を入れることが基本です。今までに幾つかの野菜を試しました。

・小松菜→青臭さが少なくフルーツの味を邪魔しない
・ほうれん草→若干青臭さあり
・チンゲン菜→青臭さ強め
・レタス→青臭さはないが、レタスの味が意外にも主張が強い

上記の結果、私は小松菜をおすすめします。

ここから、食材ひとつひとつにピックアップして紹介していきます。

また、グリーンスムージーは自分で作ることもできますが、手っ取り早く摂取したいならグリーンスムージーおすすめランキングから選ぶことを推奨します。

・バナナ
私がグリーンスムージーに必ず入れるのがバナナです。バナナは甘さが強いので、全体のベースと考えていいでしょう。

・リンゴ
バナナと味の相性が良いです。リンゴは一回に半分入れるとすると50円前後なので経済的でもあります。そのため私はよく活用しています。

・キウイ
美容面からみて、キウイもよいです。酸味が強いものだと甘めがお好きな方には酸っぱめなスムージーになると思います。少し熟れてきたら入れましょう。

・レモン
レモンを入れるのは意外かもしれませんが、半分量絞って入れます。すると、全体の味のバランスがとれるのです。ビタミンもとれるので、ここはケチらず入れたい食材です。

・ブルーベリー
お値段高めですが、ブルーベリーも入れると甘くて美味しいです。定番の味から少し外れるのも続けるコツです。色も綺麗な紫色になるのが嬉しいです。

・イチゴ
イチゴは間違いないです。甘いのがお好きな方は入れてほしいです。ただしバナナ×イチゴのみの組み合わせの場合は、逆に甘すぎに感じるかもしれません。ここでレモンを絞って入れるとちょうどよくなります。

・梨
秋のシーズンはよく入れています。利尿作用があり健康によいです。

・パイナップル
甘みが強く、2かけくらい入れるとちょうどよく美味しくなります。

本来は、野菜4果物6くらいの割合が良いみたいです。しかし長く続けるためにまずは、果物を多めに入れて、少しずつ野菜にも挑戦していったらいいと思います。

自分で作るスムージーのいいところは、自分で食材の組み合わせを考えて、どんな味になるか毎回楽しめることです。

皆さんも是非グリーンスムージー作りに挑戦してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>